UVレジンでお花を加工するとどうなる?あじさいの種類と加工のポイント

今日は、レジンで加工している紫陽花についてご紹介します

 

レジュフラワー®は押し花やプリザーブドフラワーを
UVレジン「レジュレ」で加工します。

でも使う紫陽花の種類によって
加工したあとの色合いや、透け具合が変わるのです

 

それでは、どんなお花がどのように変わるのか?

例を挙げてご紹介します

※あじさいの花びらに見えるものは、本当は「がく」ですが
ここでは便宜上、「花びら」としてお話しします

 

UVレジンで加工すると可愛い!あじさいの種類

レジンでよく加工されるのが、プリザーブドフラワーの「紫陽花」

紫陽花の種類によっても、できあがりの雰囲気はまったく違います

 

*あじさいアナベル*

レジュフラワー®作品によく使われるのが
可愛らしいフォルムのあじさい「アナベル」

 あじさいアナベル ラベンダー

【特徴】

  • 色の種類が豊富
  • ちょうどよく厚みがあって扱いやすい
  • 組み合わせもしやすい

ちょうどよい厚みが、初心者にも扱いやすい一番の理由ですね。

そのためレジュフラワー®の体験レッスンやワークショップでは
この「アナベル」が使われることが多いです。

 

 

また、他のアジサイに比べて厚みがあるので

花びら一枚だけでも大人っぽく、素敵なアクセサリーになります

 

他の種類のあじさいでは、厚みがないのでちょっと難しいと思います。

 

*ソフトピラミッドあじさい*

アナベルのつぎに、人気なのが「ソフトピラミッドあじさい」

 

特徴としては、アナベルよりも

  • 大きくて細長い花びら
  • 厚みがない
  • 加工後の透け感が大きい

 

特徴的なのは透け感。
最近人気のハーバリウムでもよく使われますね

 

透け感が大きいがためアクセサリーにするときは
レジンを厚く塗るほうがいいです。

おはなひとつで動きを生かすイヤリングに。

また、透ける部分だけが色が薄く見えるので

いくつも重ねると強度も増して、雰囲気がでて素敵になります

 

同じようにこちらの組み合わせも、加工した後のお色が薄くなってさわやかです

  • 発色の良いグリーン《上:ライトグリーン
  • うすいグリーン《下:ライムブルー

 

透け感が大きいソフトピラミッドあじさいですが
中には色の濃いものもあります。

《ネイビーブルー》

ピラミッドあじさいのネックレス

 

色が濃いものはしっかりしているので
1つでイヤリングなどにも活躍しそうですね

 

*ソフトあじさい彩*

大きな花びらで存在感のある【ソフトあじさい彩】

 レジンで紫陽花を加工

【特徴】

  • 大きな花びら
  • ピラミッドあじさいと同じく、透け感がある
  • 柔らかいので破れやすい

加工すると、透け感と花の動きで柔らかい感じになります

ソフトあじさい彩 アジサイをレジンで加工

ひとつひとつの花びらが大きいので
夏のイヤリングのほかに大振りのネックレスにもいいですね。

ひとつでは透け感がありすぎて…と思う方は

あじさいアナベルと合わせてみるのも素敵です

 

 

*カシワバ アジサイ*

最後にご紹介するのは、ちょっと変わった紫陽花です

【カシワバ アジサイ】ジュリアンオレンジ

カシワバ アジサイ

【特徴】

  • 1つの枝にいくつもの花びらがついている
  • 花びらが楕円系

カシワバ アジサイは
1つの枝に花びらがたくさんあるので
そのままでは加工が大変です

ですが、1枚1枚を加工して合わせてみると

カシワバアジサイ 花びら 

こんな風に
まるでプルメリアみたいなアクセサリーに

プルメリアのような紫陽花アクセサリー

 

これは今でもわたしのお気に入りです♪

どのアジサイをどのように加工するかによって、雰囲気も変わるし
デザインの可能性も広がりますね。

ぜひ新しい紫陽花を加工するときの
ご参考にしてください♪

Follow me!

   
M*cheriエムシェリー ご案内

M*cheriエムシェリーでは、お花にまつわるさまざまなレッスンをご用意しております

最新レッスンスケジュールはこちら

レジュフラワー®体験レッスンメニューはこちら

各種レッスンメニューはこちら
お申し込み・お問い合わせ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です